fear of success

クルム伊達公子がある雑誌に語っていた言葉。

「fear of success」
「成功恐怖」

つまり、何か一つのことを突き詰めすぎてそこでたくさんの成功をしてしまうと、
他の事が全てうまくいかなくなるかも・・・。という恐怖。

伊達さんの場合、
テニスをはじめ、
たくさんの栄光なる成績を納め、
テニスを続けたくてプロになり、
世界を制覇しかけて、
世界順位3位に届く寸前で・・・引退。

「fear of success」

こんなに人生うまく行き過ぎていたら、結婚とかできなくなるかも、と人生に迷いを感じたらしい。

というような内容を読んでいたら、むしょうに感動してしまい涙目に・・・。
秋という季節がそういう気分にしたのかも知れません。

まぁ私の場合、何か成功したことがあるか?と言われると特に何もない。
でも私はただのサラリーマン。伊達公子と同じ成功体験があるはずはないけど、
私のただのサラリーマン生活においても小さな成功はある。
だからなんとなく「fear of success」の気持ちに共感してしまったのでした。

たとえば・・・。

・プロジェクトが大成功に終わった瞬間
・ものすごく興味ある大きな仕事が舞い込んだときを受け取る瞬間
・頑張った仕事で思わぬ賞をもらった瞬間
・人事昇格の瞬間  などなど。

全てこの世の中では小さなことなのに、こういう類のものが突然舞い込んだとき、
私はまず「喜び」を感じる前に、「不安」を感じてしまうのです。
「私が受け取っていいの?」という想いのほかに、
「嬉しい、やってよかった!これからもがんばろう!」という想いが
「このまま楽しくてやりがいのある仕事を続けたい!」という想い。
それがこれから私の人生に続く不安につながるのです。

頑張った成果であり、努力の成果でもあるかもしれないのに、
ここでこのご褒美を受け取ってしまったら私はこのまま仕事人間になるかもしれないし、
反対にこの先結婚したいと思っても仕事が楽しかった分結婚という幸せは得られないかも。
・・・なんて小さくてつまらないことを考えてしまうのです。

そんな時、クルム伊達公子の旦那様は決まって「why not?」と言うらしい。
「なぜやりたいと思っていて、出来る環境があるのに、考えるの?」

そう、今出来る環境があって、できる環境が整っていて、何を考える必要があるのか?
この先のことは先になってから考えればいいし、幸せを使いすぎることはないということ。

人の人生において、幸せとか成功の数や大きさは測れない。
一つのことに成功したからって他のことに失敗する、というようなシーソーゲームにはなってないこと。
人生の中で迷いを感じたら、まず風呂敷を広げて本当に自分のやりたいことを見つめなおしてみよう。

その時々に支えてくれる人に感謝しながら・・・。
[PR]
by aykymmt | 2008-09-28 22:29 | ひとりごと


明日をみて、今日を生きる。ただいまゴルフに夢中!


by aykymmt

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

最新のトラックバック

内幸町 BOIS VER..
from Tommyのきままなグルメラ..
新宿伊勢丹「ホレンディッ..
from saico's note
今日のランチは生パスタ!
from saico's note

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧