カテゴリ:映画・音楽( 65 )

「恋するベーカリー」を観てきました

なんとなく観にいってきた映画。

告知は何度となく観てきたけど、まぁいつものような普通の映画だろうなぁという印象だったものの・・・。

f0031554_20243938.jpg

監督:ナンシー・マイヤーズ
出演:メリル・ストリープ、スティーヴ・マーティン、アレック・ボールドウィン

作品紹介
ジェーン(メリル・ストリープ)は、立派に3人の子供を育て上げた母親で、N.Y.タイムズ紙で全米No.1の評価を獲得したパン・オ・ショコラが大人気のベーカリーを経営する実業家。10年前に子供たちの父親でもある敏腕弁護士のジェイク(アレック・ボールドウィン)に若い女ができ離婚する。そんなとき長男の卒業式でNYのホテルに滞在。そこで元夫婦にある出来事が起こる。

元妻は実業家、元夫は弁護士だから生活環境はかなり幸せ。
特にサンタバーバラのお家はお見事でした。
ちょっと同じ環境というのは想像しにくいことだけど・・・。

元夫婦の恋愛、その周りの家族、女同士の友情、新しい恋。
とにかくたくさん笑って、幸せになれる映画です。
やっぱりメリルストリープの世界観とオーラはすごい!と思った作品でした。
[PR]
by aykymmt | 2010-03-07 20:27 | 映画・音楽

パラノーマル・アクティビティ

あの恐怖の映画!と言われる「パラノーマルアクティビティ」を観てきました。

f0031554_0184327.jpg

私の映画館でのホラー映画鑑賞の記録と言えば・・・。

1)スクリームを見て、手に持っていたガムをあまりに驚きすぎて放りなげてしまった。
結果、後ろの席から「キャー」という声が・・・。

2)エクソシストを見たときに、ブリッジで階段を降りる姿を見て大爆笑。


さーて、今回は・・・???


2)に該当。
そう、何度も大爆笑してしまったのだ。
私は、目に見えないものに驚いている人を見てると、どうも笑ってしまう。

はっきり言って私にとって怖いシーンは一つもなし。
やや驚かされた部分はあるけど。

そして150万で作った映画だけだって、画面酔い、退屈感が否めない作品でした。
映画の日に1000円で観てよかった。これに1800円は払えない!
[PR]
by aykymmt | 2010-03-02 00:18 | 映画・音楽

「アバター」観ました。

話題の映画、「アバター」をやっと観てきました。
毎日朝早い平日の中日に見たせいか、途中うとうとしましたが・・・。

f0031554_2249831.jpg

監督・製作・脚本:ジェームズ・キャメロン
出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/シガーニー・ウィーバー/ミシェル・ロドリゲス/ジョヴァンニ・リビシ/スティーヴン・ラング

さすがタイタニックの監督が手がけた映画、スケールが大きいです。

映像も奇麗だし、3Dも飛び出す感じはないものの、奥行きを感じる映像で面白かった。
人間が住む世界とは別の星で文明や愛を見つけ、その世界を守るために人間と戦うことになる。

感動的なストーリーのはずだとは思いつつも、アバター自体のキャラクターが面白かったり、更に文明の神秘的な動作や言葉、ポーズがどうもツボに入ってしまい、少々失笑。

私は多分こういうSFものが苦手なんだと実感。。。。

でもいい体験でした!
[PR]
by aykymmt | 2010-02-13 22:49 | 映画・音楽

「ラブリーボーン」も観ちゃいました。

今週末は映画WEEK。というわけで二本目は「ラブリーボーン」
昨日の「抱擁のかけら」に引き続き、アカデミーノミネート作品。
最近こういう触れ込みは実に嘘っぽい、と思いつつ・・・。

f0031554_21594384.jpg

監督:ピーター・ジャクソン
出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン

14歳で殺害されたスージーが地上と天国の間で、自分の「死」を認められずに家族や友人に殺人事件のヒントを与えようとする。
が、スージーの死を機に家族はばらばらになって行く。
事件解決後、死を認めて天国に行く、みたいなストーリーですが・・・。

これまた、映像はCGを駆使した奇麗な世界観。主人公も悪くない。
やっぱりこれまた脚本が良くない。。。

誘拐殺人事件はよくある話。家族がばらばらになるのもよくある話。

そしていくつかの疑問。
途中で弟の存在が全くなくなったのはなぜ?
死体の最後はあれでいいの?
殺人犯の終わりもあんなちゃちいの?
おばあちゃんのキャラ設定はなんなの?

というわけで、本当にハリウッドが心配な作品にばっかり出会ってるこの頃です。

来月は「NINE」を観にいくぞ!
[PR]
by aykymmt | 2010-02-07 21:59 | 映画・音楽

「抱擁のかけら」観てきました!

映画館の宣伝を観てから、絶対観る!決めていた作品、「抱擁のかけら」。

スペインの奇才ペドロ・アルモドバルが彼のミューズ、ペネロペ・クルスと再びタッグを組んだ、愛の物語。
出演は、ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョです。

f0031554_0351064.jpg


14年前に起きた事故で映画監督をしていたマテオは視力を失い、以降ハリー・ケーンとしてこの世を生きて行く。その事故を通して、いくつもの愛が交錯する。

マテオと実業家の愛人
実業家と実業家の愛人
マテオとプロデューサー
その他小物たち

と、まぁまぁ愛は交錯しているのですが、、、。
愛人が逃げ出して新しい恋に燃える、その執拗までの嫉妬、それを見守る片思いの恋、
とよくある話。
サスペンスとあるけど、サスペンスではない。だってよくある普通の話で、考える部分もないんですもの。

出演者、演出、音楽、映像、すごくいいんだけど、脚本はちゃちすぎます。
がっかり映画だー。
[PR]
by aykymmt | 2010-02-07 21:49 | 映画・音楽

飛行機で観た映画たち

f0031554_2253135.jpgパブリックエネミーズ
出演:ジョニー・デップ 監督:マイケル・マン

正直期待しすぎたせいか、面白くはなかった。
というか、ジョニーデップが出てなかったらこの映画はナンなんだ?と思いたくなるような作品。
内容が普通なんですね。。。銀行強盗も恋の落ち方も。

映画館に行かなくて良かった。そしてやはりジョニーデップは格好よすぎる。


f0031554_21322526.jpg
(500)日のサマー

サマーと出会ってからの500日を描いたもの。
女性から見たら、ただサマーに振り回されるだけの500日というイメージだけど、男性から見ると違うのでしょうか?今回見た4本の中で一番面白くなかった映画です。


f0031554_22565.jpg南極料理人 [DVD]
出演: 堺雅人, 生瀬勝久 監督: 沖田修一


元南極観測隊員である作家・西村淳の実体験を綴ったエッセイを映画化したヒューマンドラマ。
南極ドームふじ基地に派遣された男たち8人の物語。そのうち堺雅人扮する西村が料理人として任務。
8人共にそれぞれの役割があり、悩みがあり、物語がある。
その中で料理は人を幸せにしながら1年を過ごす。内容がたんたんとしているだけに評価が二分しそう。
私はこういうの結構好き。でも映画館で見る必要はないけど。


f0031554_2244838.jpgボルト [DVD]
出演: ディズニー


ピクサーと合併した新生ディズニーが贈る第1弾。ジョン・ラセターが製作総指揮を担当。
面白いけど、これまた普通。まぁつまらなくはないけど、特別面白くもない。
[PR]
by aykymmt | 2009-12-30 22:05 | 映画・音楽

「沈まぬ太陽」を観て・・・

友人にイマイチだよーと言われていたので、期待せずに鑑賞。

が、良かったのか、かなり大満足の作品。
ここ最近のハリウッド映画が陳腐に見えました。
本がすごいだけに、映画はがっがりされることが多いけど、脚本がしっかりしている分、感動の作品になった。

f0031554_20333644.jpg
ちなみに本は沈まぬ太陽の他に、私はクライマーズハイも読んだ。
どちらもJALの飛行機事故を書いた物だけど、視点が違うので、心情や事実がわかりやすい。

会社で生き抜く人材として、どの人にもなりたいとは思わなかったけど、会社が不祥事を起こしたときの気持ちは痛いほど分かった。
会社が大きければ大きいほど、体質が古ければ古いほど、新しいものを受け入れる勇気がなければないほど、個人が戦っても意味がない。

会社での生き方は個人の自由。
でも私は会社を愛して、会社のために貢献できるような人でありたい。
ただ、会社への貢献に絶対的に必要なのは情熱+バランスだと思う。
[PR]
by aykymmt | 2009-12-20 20:33 | 映画・音楽

「イングロリアル・バスターズ」観てきました!

久しぶりに楽しみにしてた「イングロリアス・バスターズ」

f0031554_21483877.jpg
遂に観てきました!

------------------------------------------------
作品情報より抜粋

ナチス占領下のフランス。家族を殺された少女・ショーシャナ(メラニー・ロラン)は、劇場の支配人として身分を隠しながら、ナチスを根絶やしにする壮大な復讐計画を進める。時を同じくして、アルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)率いるユダヤ系アメリカ人兵士の特殊部隊が、各地でナチスを次々と始末していた。その残虐な手口から“バスターズ”と呼ばれ、恐れられる彼らは、ドイツ人女優になりすました英国スパイと共に、打倒ナチスの極秘ミッションに参加する。周到な復讐計画を進めるショーシャナと、ナチスを片っ端から始末するバスターズ。それぞれの作戦が、劇場で開催される、ヒトラー総統を招いたナチのプロパガンダ映画のプレミア上映会で交錯する…。『パルプ・フィクション』などで知られるクエンティン・タランティーノ監督作。ブラッド・ピットがならず者軍団を取り仕切る中佐役を演じる。
------------------------------------------------

ものすごーく楽しみにしてただけに、拍子抜け、な感じはありますが、
映画館で観るべき映画としてはよかったのかな。迫力があって。
あちこちにタランティーノ色も出てました。

ただ、内容がどうも浅い気がする。
どうしてここでその回答?どうしてここでその取引しちゃう?どうしてもっと考えたらわかるのに、的な要素がたくさんありました。

そこがどうも、がっかり要素。
映像はえぐいので、R15指定は納得かも。
[PR]
by aykymmt | 2009-12-06 21:48 | 映画・音楽

「THIS IS IT」でMJナイト!

遂に見てきました。

「THIS IS IT」

この映画を通して知ったこと。

それは

マイケルジャクソンの妥協しないプロフェッショナルさ、

マイケルジャクソン心の純粋さ、

マイケルジャクソンのオーラ、

マイケルジャクソンの完璧さ、

とにかく彼を中心に、彼をとりまく人までに愛と平和をもたらしてくれる。

全てはファンのために。


偉大な人を失ったことを改めて実感しました。
[PR]
by aykymmt | 2009-11-21 22:56 | 映画・音楽

DVD「チェンジリング」

f0031554_2165753.jpg先日同僚と話をしていた新作DVD。

ベンジャミンバトンがイマイチだったので、「チェンジリング」なら面白いかも!ということで、早速鑑賞。

出演はアンジェリーナ・ジョリー, ジョン・マルコヴィッチ。
監督はクリント・イーストウッドです。

映画が始まる前に「本当にあったストーリー」であることが紹介される。

1928年、母子家庭で暮らす普通の生活から、ある日突然息子が消えてしまう。
その5ヶ月後に戻ってきた息子は全くの別人。
ロス市警と戦う主人公の母親演じるアンジー。

これが本当の話であったことが恐ろしい。
昔は警察に都合の悪いことで一般市民がこんなにひどい目にあっていたのかと思うとぞっとする。
シリアスで、緊張して、悲しくて、引き込まれる作品。

やっぱりアンジーの演技は素晴らしい。
そして時代を感じさせる景色も素晴らしい。
久しぶりにエンターテイメントとしてハリウッド映画を楽しむことが出来ました!
[PR]
by aykymmt | 2009-08-23 21:07 | 映画・音楽


明日をみて、今日を生きる。ただいまゴルフに夢中!


by aykymmt

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

最新のトラックバック

内幸町 BOIS VER..
from Tommyのきままなグルメラ..
新宿伊勢丹「ホレンディッ..
from saico's note
今日のランチは生パスタ!
from saico's note

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧