カテゴリ:ウイスキー・ワイン( 5 )

いただきもののワイン

今年の送別会でいただいたワイン。

「シャトータルボ2005」

これがおいしいのなんの。沢山飲んでも悪良いしません&翌日響きません。
フルボディ。柔らかくて深みがあるけど、飲みやすい。

f0031554_112544.jpg

---------------------------------
シャトーの歴史(HPより抜粋)

英雄タルボ将軍が治めた土地
イギリス統治時代、サンジュリアン村のこの一帯は「タルボ将軍」が治めていた。彼は、シェイクスピアの「ヘンリー4世」にも登場する、イギリス人にとって英雄とも言える人物だが、100年戦争の末期に、ここから程近いカスティヨンの地で戦死してしまった。シャトー名は彼の名前に由来している。

シャトー・タルボは、ガロンヌ川のほとりのなだらかな“サンジュリアンの丘”の上に位置し、地質は高級ワインを生み出す第四期のもの。古くからその名は広く知られており、100年に及ぶ経験と知識と、歴代の所有者により詳細に記された古文書をもとに、畑ごとに細分化された管理がなされている。

1917年からコルディエ家が所有となり、息子のジョージュ、孫のジャンによって維持されてきた。

現在はロレーヌ・ルストマンとナンシー・ビニヨン・コルディエが1993年以来父親の代を継いでいます。二人は四世代に続く根強い技術をもって、長きにわたりタルボの名声を高めるよう努めています。

1993年からは、ロレーヌ・ルストマンとナンシー・ビニヨン・コルディエが父親の代を継いでいる。二人は四世代続く伝統的な技術をもとに、シャトー・タルボの名声をより一層高めるべく努力を続けている。
[PR]
by aykymmt | 2010-06-20 11:03 | ウイスキー・ワイン

ヘルムズデール@広尾

今回はtwiiter記録より!

遂にアイラに来ました!カリラとラフロイグ。すごい香り。泥炭 =ピート
http://f.hatena.ne.jp/twitter4/20100312231301

グレンモレンジ。フルーティ。

オークニー島のスキャパ。
http://f.hatena.ne.jp/twitter4/20100312222713

アメリカウイスキー事情。ジョージワシントンはウイスキー蒸留所を経営してた。

天使の分け前。エンジェルシェアー。ことばがすてき。

スペインの樽のアベラワ。シェリーの華やいだ香り。 ショートブレットを作ってる会社だそう!
http://f.hatena.ne.jp/twitter4/20100312215340

オーバン。西海岸。ぴりり。
http://twitpic.com/1837rm

スペインの樽のアベラワ。シェリーの華やいだ香り。
http://f.hatena.ne.jp/twitter4/20100312215340

キングスバリー。独立系瓶詰業者。グレンバーリー蒸留所のお酒。
http://twitpic.com/1834ec

ウイスキーは、麦のビンテージ、樽のビンテージ。だから同じ年の同じモルトでも本来は違う味になる。なのでいくつかの樽で混ぜる。そうでないものがシングルカスク。今日は1483のバルベニー。

バルビニー。グレンフィデイックのセカンド蒸留所。バニラの香り。やわらかい。

オーヘントッシャンなう。三回蒸留したシングルモルト。

ヘルムズデール到着なう。まだ誰も居ませーん。
[PR]
by aykymmt | 2010-03-13 22:09 | ウイスキー・ワイン

山崎12年と響21年@横浜

横浜のホテル日航で大人のBARタイム。

f0031554_234455100.jpg

山崎12年をボトルであけ響21年をなめる。

どちらもオン・ザ・ロックで堪能。
口当たりは滑らかでとても飲みやすい!
更に琥珀色が奇麗です。
氷に溶け込む姿がまた奇麗。

響きは21年、初めて飲みました。
やはりジャパニーズウィスキーはジャパニーズの口に合います。


サントリーのHPより

■山崎12年のテイスティングノート

色 琥珀色
香り 桃・熟した柿・マーマレード バター・カスタードクリーム
トフィー・ココナッツ・バニラ・伽羅・丁字
味 奥行きのある甘味 厚みのある味わい
フィニッシュ 甘いバニラ 樽香 心地よく長い余韻
タイプ ミディアムボディ
[PR]
by aykymmt | 2010-02-16 23:45 | ウイスキー・ワイン

ハイランドパーク12年&タリスカ10年

今日もシングルモルトな夜。

f0031554_0472214.jpg

今日はスコッチ。
ハイランドパーク12年とタリスカ10年です。
私の好みは確実にハイランドパーク。
すっきりした味わい。喉を通るとスーッといい香りがします。

■ハイランドパーク12年

アサヒビールHPより
---------------------------
スコットランド本土の北、北緯59度。大小70余りの島々からなるオークニー諸島に「ハイランド パーク」蒸溜所は位置しています。

ファーストフィルのシェリー樽比率は20%で、残りはリフィルのシェリーカスク。「ハイランド パーク」の入門編である12年は個性を強く主張していて、どのような飲み方でも素晴らしいおいしさが楽しめます。

<tasting note>
Aroma:ピーティでスモーキー。ヘザーの湿地。かすかなシェリー香と蜂蜜の甘さ。
Palate:ビターチョコ、オレンジピール。やがてヘザーのようなドライフレーバー。
Finish:湿った土やヘザーのフレーバーが長く続く。バランスが良くて、やがてヘザーハニーの香りが広がる

f0031554_048153.jpg

■タリスカ10年

スカイ島にあるの蒸留所。シングルモルトの中でも個性的な銘柄の一つと言われ、潮の風味、パワフルで力強い舌ざわりと強烈な島物モルトの特徴を感じ、しばしば専門家の間では『舌の上で爆発する』と表現されています。
[PR]
by aykymmt | 2010-01-30 00:48 | ウイスキー・ワイン

ザ・マッカラン(スペイサイドモルト)

今年からシングルモルトを極めたい!ということから始まったこのカテゴリ。
日々飲んだウイスキーをメモしていきたいと思います。

f0031554_22563251.jpg

まずはシングルモルトのロールスロイスと呼ばれるザ・マッカラン(スペイサイドモルト)から。

サントリーオンラインショップの紹介文より
-------------------------------------------

「ザ・マッカラン 12年」香味の特徴

色=鮮やかな金色。/香り=バニラ様の香り。ほのかにジンジャーやドライフルーツ。/味わい=ドライフルーツやシェリー。ウッディやスパイスとのバランス。/アフターテイスト=トフィー、ドライフルーツ。さらにウッディやスパイス。

「ザ・マッカラン」について

世界中のウイスキーファンが品質の高さ、香味の豊かさを認める「ザ・マッカラン」。蒸溜所はスペイ川中流クレイゲラヒ村の対岸にあり、川を見下ろす高台に建てられています。

その特長はこだわりの製法にあります。原料の大麦はゴールデンプロミス種を使用しています。蒸溜はスペイサイド最小のポットスチルでじっくりとおこない、厚みのある香味成分を取り出しています。そして最大の特長はシェリー樽で熟成すること。樽材であるスパニッシュオークを安定的に確保するため、同社はスペイン北部に森を所有しています。スペインでシェリー用の新樽を自らつくり、現地で1年間シェリーの発酵に使った後に、さらに2年間シェリーの熟成に用いた樽のみを使っています。

因みに、「マッカラン」はゲール語で“聖コロンバの丘”を意味する「マ・コラム」が変化したものです。

f0031554_22574072.jpg
[PR]
by aykymmt | 2010-01-27 22:56 | ウイスキー・ワイン


明日をみて、今日を生きる。ただいまゴルフに夢中!


by aykymmt

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

最新のトラックバック

内幸町 BOIS VER..
from Tommyのきままなグルメラ..
新宿伊勢丹「ホレンディッ..
from saico's note
今日のランチは生パスタ!
from saico's note

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧