池井戸潤「空飛ぶタイヤ」

f0031554_11444029.jpg空飛ぶタイヤ (Jノベル・コレクション)
池井戸 潤 (著)

「この小説はフィクションです。」と書かれてたことが意外なくらい、真実のような小説でした。
三菱自動車のリコール隠し事件を題材に書かれた小説です。

ハブの欠陥により、トラックのタイヤに巻き込まれた母子、
トラックを運転していた中小企業の運送会社、
大企業に立ち向かうことを真っ向からあきらめたトラック事故を起こした中小企業、
トラックを製造している自動車会社とその社員、
自動車会社を取り巻く財閥系企業とその社員、
真実を見失いそうになる警視庁、

事件を通していろんな角度で書かれていく作品です。

この事件の真っ只中に私は働いてた身分として、この小説を通して改めて大企業に立ち向かう運送会社社長の一人で戦う姿や、事件に巻き込まれて家族を失った被害者の気持ちは痛いほど分かった。

そして大企業の中の組織や人間関係は思っていた通りです。
財閥系企業として、グループ会社が助けてくれるという思いから、深刻性や危機感に欠けていることも事実に近いことだと思う。

ただ、社会人になって初めて勤めたこの会社が大好きだし、この会社で働いてきたことを誇りにも思う。同時にこの会社の人たちが大好きです。
この小説に書かれているような人物も多くいたかも知れない。だけど少なくとも私の周りの人たちは会社のために、お客さまのために、努力してきたと思う。

しかし、それは私の会社への愛情であり、事件は本当にあった事実。
被害者寄りに書かれた小説だから、元社員としては、若干付け加えたい事実や、その時働いてる社員の心情なども付け加えたい気持ちもあるけど、事件を起こしたことは事実に違いなく、忘れてはいけない事実だとも思う。

この本を改めて読んで、こういうことがあったことは忘れてはいけないことを改めて実感した。
そしてサラリーマンと言えども、正しいことには立ち向かう努力をしたいと実感しました。

自分の経験に近いからか、とても面白い小説でした。
ページ数、文字数共に多い作品なのに、あっという間に読める作品です。
[PR]
by aykymmt | 2009-05-24 12:08 |


明日をみて、今日を生きる。ただいまゴルフに夢中!


by aykymmt

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ブログパーツ

最新のトラックバック

内幸町 BOIS VER..
from Tommyのきままなグルメラ..
新宿伊勢丹「ホレンディッ..
from saico's note
今日のランチは生パスタ!
from saico's note

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧